マガジンのカバー画像

ホールディングス/note

48
ドラッグストア事業であるサツドラを中心にして、各事業が有機的につながりあい、点ではなく面でビジネスを展開するサツドラホールディングス㈱の取組みや想いについてお伝えします。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

私たちサツドラHDが果たす役割

みなさん、こんにちは。いつもは弊社広報メンバーが主に更新するこちらのnoteですが、本日はサツドラホールディングス代表取締役の私、富山浩樹がお届けします。 ※今回お届けする記事は、2019年4月にサツドラHDのコーポレートアイデンティティを新たに策定した際に、弊社ホームページ内で配信したものを一部修正したものです。 私たちの想いを皆さんに知っていただきたいため、改めてnoteで再掲載致します。 読むのにおそらく10分ほどかかる長文になりますが、日ごろお世話になっている皆さ

【2023年もどうぞよろしくお願いいたします!】サツドラ従業員が考えた"2022年を表す漢字一文字"で昨年を振り返ります!

新年あけましておめでとうございます! サツドラHD公式note編集部です。 昨年は、求職者の方々に向けた「サツドラ採用note」をスタートさせ、一昨年よりさらに多くの方にnoteを見ていただくことができたと感じております。ご覧いただいたみなさま、本当にありがとうございました。 今年も、サツドラホールディングスのことをもっともっと伝えることができるよう進んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします! そんな新年一発目の配信となる今回は、毎年サツドラで行なっている、あ

周年プロジェクトでわかった、長く愛される"しごと"の秘訣

こんにちは。サツドラホールディングスの満留です。 2022年も残り一ヶ月となりましたね。執筆時、札幌の街中では今年初めて(かな?)雪が積もりました。 「1年を振り返る」みたいなのって意識的にしないタイプなのですが、今年は会社の50周年プロジェクトというちょうど1年タームの"しごと"を任せてもらったこともあり、これらをざっくりと振り返りながら、改めて「長く愛される"しごと"」というのを考えてみました。 はじまりはお客さまへのご挨拶からサツドラの50周年は、お客さまへのご挨

サツドラの人事部に聞く!男性の育児休業取得について。

こんにちは!サツドラHD公式note編集部です。 今回のテーマは、サツドラの「男性の育児休業取得」について。 男性も女性も仕事と育児を両立できる制度を国が推し進めている中で、サツドラでも年々その認識が高まっています。 そこで! 今年の10月から施行された改正点も含め、サツドラの人事部 労務担当である村谷さんにお話を伺いました。 ▼個人のnoteはコチラ! サツドラの男性育児休暇・育児休業制度の現状って?―まず、サツドラの男性育児休業の現状について教えてください! 村

サツドラの男性育休取得者に聞く!取得のきっかけ、取得して良かったこと。

こんにちは!サツドラHD公式note編集部です。 男性も女性も仕事と育児を両立できる制度を国が推し進めている中で、サツドラでも年々その認識が高まっています。 そこで! 昨年、育休を取得したサツドラの男性社員お二人に、実際に社内の制度を利用して感じた想いを取材してきました! 取材にご協力いただいたのは… 育児参加休暇・育児休業 男性取得者インタビュー―育児参加休暇・育児休業を取得したきっかけは? 佐々木:すでに取得していた人たちから、育児休業があることや、育児参加休暇の

北海道の教育格差をなくせ!”北海道まなびキャンパス”始めます

こんにちは。サツドラホールディングスの満留です。 去年から、社内の50周年プロジェクトの一員として活動しています。 いつもお世話になっているお客さまへのメッセージをこしらえたり、 取引先や従業員向けの記念品を準備したり、 とてもワクワクする企画を社内で通しては結局とん挫して落ち込んだりと、 色々と動いておりました。 そんななか数か月の準備期間を経た企画をリリースすることができたので、 今日は、そんなお話です。 開始するのは出張授業その企画は「北海道まなびキャンパス」。

交わりから生まれるコラボレーション

こんにちは。サツドラホールディングスの満留です。 その昔、当時勤めていた会社のキックオフで「早く行くなら一人で行け。遠くに行くならみんなで行け」ということわざを聞きました。チームワークの大切さを語るときの材料だったかな?と思いますが「上手いこというなぁ、その通りだなぁ」と感心したことを覚えています。 さて、僕たちサツドラは本社2Fに「EZOHUB SAPPORO」というコネクティッドスペースを構えています。 イベントが行われたり、 コワーキングスペース&シェアオフィス

編集長が変わりました!これからのサツドラHD公式noteについて。

みなさんこんにちは! サツドラホールディングス 組織活性チームの池田と申します。 サツドラHD公式noteがスタートして1年。(正式には6月で1年が経ちましたので、あっという間にもう1年2か月…!) 編集長が変わりました!今までも「編集長です!」と登場することはあまりなかったかと思いますが、マガジン「みんなのnote」にて、前編集長の佐々木が自己紹介しておりましたのでご報告させていただこうと思います。 自己紹介 改めまして、今期からサツドラHD公式noteの編集長とな

サツドラの事例を通してコーポレートブランディングについて考えた

こんにちは。 サツドラホールディングス CIチームの満留です。 7月14日、サツドラ本社2FのEZOHUB SAPPOROにて株式会社エイトブランディングデザイン代表の西澤明洋さんをお招きしたイベント、【地方創生】事例で学ぶ地域企業のブランディング&コミュニケーションを開催しました。 2016年に発表したサツドラのリブランディングにブランディングパートナーとして伴走頂いた西澤さんをお招きし、オンライン&オフライン共に大変盛況だったこちらのイベントを振り返りつつ、弊社リブラ

【サツドラヒストリー】インタビュー後編―富山社長―

みなさんこんにちは!サツドラHD公式note編集部です。 サツドラの50年の歩みを振り返る「サツドラヒストリー」。 前回は富山浩樹社長も加わり、3人が初めての対談を行ったインタビュー記事の前編をお届けしました。 そして今回は、富山浩樹社長へのインタビューをお届けします! ※取材日:2020年10月 EZOCAの立ち上げ―富山さんが社長に就任されて、2014年にリージョナルマーケティングが設立されました。多角経営的の核になり、それが今も基板になっていますが、EZOCAの地

【サツドラヒストリー】インタビュー前編―会長・副会長・社長初めての対談―

みなさんこんにちは!サツドラHD公式note編集部です。 サツドラの50年の歩みを振り返る「サツドラヒストリー」。 前回までは会長・副会長へ、創業から現在までを振り返ってインタビューした内容をお届けしてまいりました。 今回は富山浩樹社長も加わり、3人が初めての対談を行ったインタビュー記事をお届けします! 新本社に移転して―2020年10月に本社が移転となり、札幌市東区に新社屋が完成しました。 まず会長、副会長にお聞きしたいのですが、太平から年月を経てこちらに移転された新

【サツドラ50周年】記念品に込めた想い

こんにちは。 サツドラホールディングスCIチームの満留です。 2021年12月25日、サツドラは1号店のオープンから50年目を迎えました。 50年という節目を迎え、いつもお店をご利用いただいているお客さまをはじめ多くの方々に感謝の気持ちをお届けしているのですが、なかでも今日はお取引先さまにお渡しした記念品についてお話しできたらと思います。 選定の軸は企業ビジョン 検討そのものは、お渡し予定の半年ほど前からはじまりました。 大切にしたのは「何を差し上げるか」ではなく「

【サツドラヒストリー】―41年~後編―

みなさんこんにちは!サツドラHD公式note編集部です。 サツドラの50年の歩みを振り返る「サツドラヒストリー」。 前回は41年目以降(2013年~)の出来事や、お二人の富山浩樹社長への想い、会社への想いについてインタビューした内容の前編をお届けしました。 今回はインタビューの後編をお届けします! 「サツドラ」へリブランディング―2016年6月に店舗名やPB商品などのリブランディングを行い、「サッポロドラッグストアー」創業以来、お客さまから親しんで呼んでいただいていた愛

【サツドラヒストリー】―41年~前編―

みなさんこんにちは!サツドラHD公式note編集部です。 サツドラの50年の歩みを振り返る「サツドラヒストリー」。 前回は31~40年目(2002年~2012年)までをお届けしました。 今回は41年目以降(2013年~)の出来事や、お二人の富山浩樹社長への想い、会社への想いについてインタビューした内容の前編をお届けします! 北海道共通ポイントカード「EZOCA」デビュー―2013年は東証二部上場と、子会社のリージョナルマーケティングが設立されましたね。 そして2014