マガジンのカバー画像

サツドラグループみんなのnote

188
サツドラグループで働くさまざまなメンバーの想いを綴っていきます。
運営しているクリエイター

#PB

サツドラの選べるコットン

前回、調子に乗りすぎて開発経緯までしか書けませんでしたので、ようやくコットンの詳細について書きたいと思います。 ↓前回の記事です。 コットンはなんと7種類も発売しました。また前置きが長くなりすぎる可能性がありますので、さっそく順番に説明していきます。 ①「綿100%で作った カットコットン」 今回一番お手頃価格の商品です。 他社の製品を調べると、一番のお手頃価格はだいたいが「サイドシール」といって両サイドをシールで止めているタイプが多いのです。サイドシールのタイプはコッ

スキ
26

うるかさってる

久しぶりの投稿になってしまいました。 GWももうすぐ終わります。わが社は5月16日から新しい年度となりますので、なんとなくソワソワしています。というのも、組織が変わったり、チームのメンバーが変わったりするからですが、私は引き続き、商品開発のマネジャーを続投させていただきます! さて、タイトルですが北海道弁です。「うるかす」に「さってる」という独特の言い回しの活用です。タイトル画像は先日思い立って行ってみた、宮古島の海。私の勝手なうるかさってるイメージです。笑 うるかす:

スキ
26

アラフィフのスキンケア

わたしもついに、四捨五入したらアラフィフという歳になりました。 はやいものです。 年々白髪が増え、目が見えにくくなり、肌のシミも気になってきます。 白髪はわたしのステキな美容師である堀さんが頑張ってケアしてくれていますし、目は・・・ある程度で老眼鏡するしかないのですが、肌って・・・? どうすればいいのでしょう? スキンケア難民 サツドラに入社するまで、化粧品というのは百貨店のキレイなお姉さま(最近はステキな男性もいますね)にアドバイスしてもらって買うものとばかり思って

スキ
51

ジェンダーフリーな商品開発

*女性の下着の話が出てきますので、苦手な方はご注意ください。 女性が開発した商品昔はよく、商品開発をするのは男性がいいか女性がいいか?という質問をされました。 「こういう商品を使うのは女性だから、女性が開発したほうがいいよね」とか、「この商品は女性が開発しました!」みたいなキャッチコピーとか。 私はそういうのをそっと冷めた目で見ていました。 そういう発言をするのは、ほとんどがおじさんです。女性からすると、「男とか女とか関係ないよね」と、当時の女性たちはみんな心の中で思ってい

スキ
61

はじめての商品開発

こんにちは! noteには2回目の掲載となりますが、今回は個人的な要素が多いため、私のアカウントにアップします。 ↓1回目の掲載もぜひ読んでみてください! 今回は私が商品開発という職業を選んだきっかけについて書いてみようと思います。 「え?お前のことなんてどーでもいいから、PBのこと書いてよ!」と言われそうなのですが(あいかわらずのネガティブシンキングです。笑)、先日、「北海道で小売業のPB商品を開発している人って、ほとんどいないよね」と言われました。 同時に、「どうやっ

スキ
177