サツドラHD公式note

「地域をつなぎ、日本を未来へ。」をコンセプトに掲げるサツドラホールディングス株式会社の公式note。日々取り組んでいることや想い、将来のビジョンなどサツドラグループのヒト・モノ・コトに込められた想いを、サツドラグループで働く皆で発信しています。

サツドラHD公式note

「地域をつなぎ、日本を未来へ。」をコンセプトに掲げるサツドラホールディングス株式会社の公式note。日々取り組んでいることや想い、将来のビジョンなどサツドラグループのヒト・モノ・コトに込められた想いを、サツドラグループで働く皆で発信しています。

マガジン

  • サツドラ採用/note

    サツドラとはどんな会社?働く人はどんな人?採用ページや説明会だけでは伝えきれない実際の仕事内容や、採用イベントの様子など! 主に求職者(学生、第2新卒、中途社員など)に向けてさまざまな内容の記事をまとめた、サツドラHD公式note内のマガジンです。

  • サツドラ/note

    「北海道の『いつも』を楽しく」をコンセプトに、ドラッグストア・調剤薬局を運営する㈱サッポロドラッグストアーの取組みや想い、商品情報についてお伝えします。

  • ホールディングス/note

    ドラッグストア事業であるサツドラを中心にして、各事業が有機的につながりあい、点ではなく面でビジネスを展開するサツドラホールディングス㈱の取組みや想いについてお伝えします。

  • サツドラグループみんなのnote

    • 198本

    サツドラグループで働くさまざまなメンバーの想いを綴っていきます。 現在お休み中です。(2022年9月16日~)

  • サツドラヒストリー

    当社は2021年12月25日で創業50年目を迎えました。そこで、創業~50年の歴史を振り返り、サツドラ創業の想いや、これまで一緒に歩んできてくださった方々への想いを、みなさんにお届けします。

ウィジェット

リンク

記事一覧

サツドラ管理栄養士がお伝えします!夜遅いお食事の選び方

みなさんこんにちは! サツドラ 管理栄養士の佐藤です! 今回のテーマは「夜遅いお食事の選び方」です。 遅い時間までお仕事をする時は、帰宅後にお腹が減ることあります…

サツドラで働く先輩社員の声-ドラッグストア店長編-

こんにちは!サツドラHD公式note編集部です。 サツドラで働く人はどんな人? 就職・求職活動中に会社について調べている時、仕事内容や企業理念などの会社情報も重要です…

【調剤薬局の現場から】新型コロナ・季節性インフル同時流行に備えた取り組み~サツドラのオンライン服薬指導のご紹介~

はじめまして。 株式会社サッポロドラッグストアーで薬剤師として勤務をしている小島と申します。 私はサツドラ薬局(調剤店舗)の運営を任せていただいており、そんな私…

サツドラ管理栄養士がお伝えします!夜遅いお食事の選び方

サツドラ管理栄養士がお伝えします!夜遅いお食事の選び方

みなさんこんにちは!
サツドラ 管理栄養士の佐藤です!

今回のテーマは「夜遅いお食事の選び方」です。

遅い時間までお仕事をする時は、帰宅後にお腹が減ることありますよね。

年齢が若いうちは「夜遅く食べても太らなかった!」という方も多いと思いますが、歳を重ねるにつれて「なんか太りやすくなった気がする」「痩せにくい」...そんな風に感じる方も多いのではないでしょうか?

まずは、なぜ夜遅い食事は太

もっとみる
サツドラで働く先輩社員の声-ドラッグストア店長編-

サツドラで働く先輩社員の声-ドラッグストア店長編-

こんにちは!サツドラHD公式note編集部です。

サツドラで働く人はどんな人?

就職・求職活動中に会社について調べている時、仕事内容や企業理念などの会社情報も重要ですが、それらと同じくらい「どんな人」が「どんな想いで」働いているか気になる方は多いのではないでしょうか?

採用マガジンでは、我々がサツドラの魅力の一つとして考えている「サツドラで働く人」の想いを少しでも多くのみなさんに知っていただ

もっとみる
【調剤薬局の現場から】新型コロナ・季節性インフル同時流行に備えた取り組み~サツドラのオンライン服薬指導のご紹介~

【調剤薬局の現場から】新型コロナ・季節性インフル同時流行に備えた取り組み~サツドラのオンライン服薬指導のご紹介~

はじめまして。
株式会社サッポロドラッグストアーで薬剤師として勤務をしている小島と申します。

私はサツドラ薬局(調剤店舗)の運営を任せていただいており、そんな私から今回は
調剤薬局における新型コロナ・季節性インフル同時流行に備えた取り組みをご紹介させていただきたいと思います。
 
まず、簡単に自己紹介をさせていただきます。

新型コロナ・季節性インフル同時流行の可能性※この記事を執筆したのは2

もっとみる